総量規制対象外

総量規制対象外のキャッシングとは

2006年の改正貸金業法が施行されて以降、総量規制という仕組みが始まっています。

 

総量規制は、貸金業者による過剰貸付を防止することを目的に、

 

 原則として、年収等の3分の1を超える融資を禁止

 

するというものです。

 

この規制が始まったことで、専業主婦やアルバイト、パート勤務のキャッシングが難しくなっています。

 

 

■総量規制の対象となるのは?

 

総量規制の基本として、どの業者が対象になるのか、を理解する必要があります。

 

総量規制を規定している貸金業法は、

 

 ・消費者金融
 ・信販会社
 ・クレジットカード会社

 

などを規制するものです。

 

つまり、プロミスやアコム、モビットのような消費者金融から融資を受けようとするときは、必ず総量規制の範囲内という制約があることになります。

 

 

■総量規制の対象となる融資は?

 

次に、「年収等の3分の1までの融資」における「融資」について確認します。

 

総量規制が規制している融資は、

 

 キャッシング

 

のことで、

 

 ・クレジットカードでの買い物
 ・銀行のローン
 ・自動車ローンやバイクのローン

 

などは含まれません。

 

少し難しく感じるかもしれませんが、「お金を受け取る融資」で、それが消費者金融などからの融資のときに、総量規制が影響します。

 

 

■総量規制対象外のキャッシングとは?

 

では、総量規制の影響を受けていない、対象外のキャッシングはあるのか?ということになります。

 

総量規制が影響する業者を思い出していただくと分かりますが、「銀行」だけは規制していません。

 

つまり、総量規制対象外のキャッシングをしたいなら、銀行のカードローンに申し込めば良いことになります。

 

 

■専業主婦でも利用できるキャッシングは?

 

また、総量規制対象外であっても、収入のない専業主婦などは、さらに利用が限定されます。

 

年収等のない人の申込みを認めているのは、

 

 ・三菱東京UFJ銀行 バンクイック

 

です。

 

みずほ銀行のカードローンも専業主婦の利用を認めていますが、バンクイックなら即日融資も可能になります。